カメラマンの苦悩の日々を告白


by bhulbw3jhn

府警免許課職員が 酒気帯び運転容疑(産経新聞)

 大阪市東淀川区で18日朝、乗用車とタクシーの接触事故があり、大阪府警は同日、道路交通法違反(酒気帯び運転)容疑で、乗用車を運転していた府警運転免許課主任、寺前彰容疑者(61)=大阪府摂津市南別府=を現行犯逮捕した。府警によると、寺前容疑者は「昨夜に焼酎の湯割りを4、5杯飲んだ。それ以上は覚えていない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、18日午前7時10分ごろ、東淀川区井高野の市道で、酒気を帯びた状態で車を運転しタクシーとすれ違いざまに接触事故を起こしたとしている。寺前容疑者からは、呼気1リットル中0・5ミリグラムのアルコールを検出。出勤前に病院に行く妻をバス停まで送った帰りだったという。

 寺前容疑者は運転免許課に10年以上在籍し、一般職員として事務を担当。昨年3月にいったん退職し再任用されていた。

<警察庁長官>「弘道会に打撃を」都道府県警に要請(毎日新聞)
【from Editor】反骨の活力を伝えたい(産経新聞)
お茶はいつから飲まれるようになったのか?(産経新聞)
<口蹄疫>対応強化を指示 首相(毎日新聞)
小沢氏 特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)
[PR]
by bhulbw3jhn | 2010-05-21 16:18